「ねぇ、先輩。それ本気ですか? 本当に石油王に攫われたいの?」

そう言ったのは、褐色碧眼の後輩男子、成宮バドゥル。

「ああぁ〜石油王に愛されたい……攫われたい……疲れたぁ〜〜!」

仕事に忙殺される美夜子が吐き出した、そんな愚痴から始まる攫われ? スタート恋愛。

*お疲れ女子が癒されたらいいな…というある意味現代ファンタジー
*3話完結の短編

この作品のキーワード
年上女子  年下男子  先輩後輩  社会人  ハピエン