私 安達仁乃
(平凡のお手本のような女)



彼 相原壱
(テンション低めの低温イケメン)



純然たる幼なじみ



はずだった…。



『仁乃、俺と結婚して』



18歳になった壱が、こんなことを言うまでは。




⚪︎○・・・・・・・・・・・・○⚪︎



『ここまでしか我慢できない』


壱のこと好きだけど


『そろそろ俺のものになって』


大好きだけど


『性的な意味で好きだよ』


…私たちは、そういうのじゃない!!



(早く目を覚まして、壱)

(早く自覚しろよ、仁乃)



⚪︎○・・・・・・・・・・・・○⚪︎




『実験してみよっか、仁乃』


だって、


『俺と仁乃が、本当にただの幼なじみで、
恋愛対象にならないのかどうか』


だって、失いたくない――――。



………………………〇。


幼なじみとの恋愛実験は、

甘くて熱くて――時々、切ない。


〇。………………………







こじらせつづけてのたうちまわる
2人の懸命な恋のこと






この作品のキーワード
溺愛  甘々  幼なじみ  胸キュン  ベタ惚れ  すれ違い