「琥珀ー!」

高めのちょっと中性的な声。
その声に僕はドキッとした。
振り返ってみれば、予想通りの人が微笑んでいる。

「瑞希…!」

椅子から立ち上がって、教室の扉へと早足で行く。

オリーブベージュの肩あたりまで伸びた髪と。
長めに揃えられた前髪からは、二重の大きな目が覗く。
色白で、高身長で。可愛くて。
性格も良くて。
自慢でしかない、僕の彼女。

「瑞希、どうしたの?」

「ふふっ、琥珀と話したかっただけ!」

…可愛い。

瑞希の笑顔は癒し効果抜群だと思う。
クラスが違うって思って悲しんだりしたけど…。
これはこれで、嬉しい。

「あ、凪川さんだ。」

「ほんとだ!は〜…やっぱ美人…。いいなぁ…羨ましいわ。」

「…でも、ちょい地味?」

「いやいや、あれがいいんだって。髪型とかすっげーオシャレ。」

「ね!あーゆーの、似合う人って美人ばっかだよ〜…。」

男女4人の、クラスでも目立つグループの声。
少しだけ、聞き耳を立てつつ、彼女を褒められて上機嫌になる。

「……でも、なんで北斗なんかね?」

「だよね〜。なんか、頼りない感じするし。まぁ、性格いいから好きっちゃ好きだけど」

「でも、恋愛まではいかないよねー。」

あ、やっぱり僕の話になった。
美人な人の彼氏というのは、なかなかに注目される。
それが、こんな平凡男子なら尚更。

「………」

「?どうしたの、瑞希」

少しだけ傷つきながら、笑っていると、瑞希か黙った。
ジッ、と一点だけを見ている。
それに気づいた、次の瞬間。
瑞希が教室へと入っていって、話していた男女4人のグループに歩み寄った。

「え、」

「ど、どうしたの、凪川さん」

戸惑った様子の4人。

ガンッ___

蹴られた椅子が軽々と倒れた。
その音で、皆の視線が瑞希に向けられる。

「…琥珀を悪くいうとか…僕が許さないから。」

「っ、!?」

その一言と、瑞希の横顔に動揺するのと同時に体が熱を持っていく。
前髪から覗く目が、睨みながら妖しく輝いて。
口元は弧を描いている。
色気たっぷりの、怒った顔。
可愛い彼女。なのに、かっこいいと思ってしまう。

「ひゃっ…!」

「っ、」

4人は、顔を真っ赤にさせて、ただ、縦に首を振って頷いた。

「僕のものに手を出すのも、傷つけるのも…全部」

《禁止だから》

口パクだったのもハッキリとわかった。
スッキリした様子で戻ってきた瑞希から顔を逸らす。

「僕が守るから、琥珀は僕だけ見てて…?そうじゃないと、やだ」

色気たっぷりの可愛い笑顔も。
今は…。

「……〜っ、カッコよすぎだから…!」

いつか、誰かが言ってたと思う。

『凪川さんは怒らせない方がいい』

って。
だって……。

『カッコよすぎて、やられるよ?』



この作品のキーワード
一人称  男子目線  女子目線  美人  僕っ子  カッコイイ  可愛い  男女逆