【釣り合わない婚約者に婚約の解消をお願いしたら、まさかの回答が返ってきました】

セロー王国に住む子爵令嬢シュゼットは身分的に釣り合わない婚約者との婚約の解消を目論んでいた。
相手は名門侯爵家の長男で、社交界では「冷血貴公子」と密かに呼ばれているアルベール・クールナン。表情がほぼ無であり、口数も少ない。さらにはぶっきらぼうであり、シュゼットのことを睨みつけるように見つめてくる。

――婚約を取り付けてくれた両親には悪いが、もう限界だ。

そう思って、シュゼットはアルベールとの茶会の日、アルベールに婚約の解消を申し出たのだけれど――……何故か、アルベールはシュゼットに縋り「捨てないで」と言ってくる。
いや、普通に考えて捨てられるのは私ですよね……?

愛が重すぎる侯爵令息と、とある事情から自分に自信がない子爵令嬢の婚約解消を巡ったラブコメ。


※小説家になろう、エブリスタ、アルファポリス、魔法のiらんどにも掲載中。
※完結まで作成済み

あらすじ

【釣り合わない婚約者に婚約の解消をお願いしたら、まさかの回答が返ってきました】

この作品のキーワード
恋愛  ファンタジー  溺愛  ヤンデレ  執着  すれ違い  勘違い  婚約破棄?