「……シュゼット嬢の瞳は、とてもお美しいじゃないですか。それに声もとてもお美しくて……。二つ同時に体内に入れると尊すぎて死にそうなんです……」
「私の声と瞳は有害物質ですか!?」

 私はそう大声で突っ込んでしまった。そもそも、瞳を見ても声を聞いても体内に取り込むことにはならないと思う。この人は、まずその部分の認識がずれている。そう思いながら、私はコホンと一度だけ咳ばらいをして次の質問に移る。正直に言えば、これが一番重要な質問だった。

「最後に。なんで……私のことを睨みつけていたんですか?」

 アルベール様の瞳はとても鋭い。あれで睨みつけられたら、大の大人でも怯んでしまうだろう。そんな瞳に睨み続けられること、一年半。私の精神と寿命がどれだけすり減ったかは想像もできない。そう言う意味を込めて疑い深い視線をアルベール様に向ければ、アルベール様は何故か赤面されていた。……いや、今回もどこに照れる要素があるの?

「しゅ、シュゼット嬢の装いとか髪型とか、全部脳裏に焼き付けたくて……。俺、集中すると目つきが悪くなるらしいんです。……だから、睨みつけたと勘違いされたんだと」
「……脳裏に焼き付けて、どうするんですか?」
「そんなの、思い出してもだえるに決まっているじゃないですか! あぁあの装いは可愛らしかったなとか、あの装いはシュゼット嬢をうまく引き立てていたなとか、まるで女神みたいだったなとか。あと、誕生日プレゼントを選ぶ際の参考にしたり……」
「まさかですが、私の装いを全部覚えているんですか……?」
「そりゃあもちろん! 婚約をする前から全部脳裏に焼き付けてノートに記録していますから!」

 ……聞きたくなかった情報をどうもありがとうございます。そう思って、私は頭を抱えたくなった。どうやら、アルベール様と私は勘違いからすれ違っていたようだ。……元々、不器用な人なのだろうな。だから、こういうことになってしまった。でも、私の中で芽生えた苦手意識は完全に消えることはないだろう。……さて、どうしたものか。

「……えっと、今教えていただいたことを踏まえると、アルベール様は私との婚約を解消したくないということでしょうか……?」
「もちろんです! むしろ、今すぐこのまま結婚したい! それから貴女を屋敷に閉じ込めたい!」

 ……本当に聞きたくなかった言葉が聞こえてきたわ。そう思って、私は「はぁ」と小さくため息をついた。これから、どうしよう。そう思って、私は唐突に青空を見上げた。あぁ、空は青いなぁ。相変わらずアルベール様は私のドレスを掴んだままだ。もう、執念さえも通り越して狂気にしか見えなかった。