「あの中で一番男らしくてかっこいいのはアルベール様じゃないですか。もっとご自分に自信を持ってくださいな」
「……本当ですか? 本当に、シュゼット嬢はそう思ってくださっていますか?」
「え、えぇ、まぁ……」

 うん、あの中で一番男らしいのはアルベール様だと私は勝手に思っている。けど、アルベール様のお言葉にまっすぐに返事は出来なかった。なんだか、怖かったから。……なんだか、言いくるめられている気がしたから。

「そ、そもそも! 私のことが好きなんだったら、どうしてあんな嫌われるような態度を取るんですか! おかげで私、アルベール様に付きまとう図々しい女って社交界で噂になっていたんですよ!」

 その噂のおかげで私は嫌がらせばかり受けていた。そりゃあ、味方をしてくれる友人はいた。でも、敵の方が圧倒的に多くて。ドレスに果実水をかけられるのは当たり前。一番ひどいときは階段から突き落とされたこともある。その時は偶然友人が側に居たこともあり、その犯人の令嬢は表に出てこれなくなったけれど。噂では修道院に送られたとか何とか。

 でも、アルベール様が普通に私と接して下さればこの嫌がらせは少しでも減っていたと思うのだ。だって、相手のご令嬢方はいつもおっしゃっていた。

 ――嫌われているのに、未だに付きまとうのね、と。

「アルベール様が、どういう意味であんな態度を私に取っていたのかはわかりません。ですが……それでも、それでもっ! 私は辛かったんです!」

 嫌味とか言われて、嫌がらせをされて。たかが子爵令嬢のくせにって見下される。そんな日々がどれだけ辛いか。男性のアルベール様にはきっと理解できないだろう。普通、こうなったら婚約者が守ってくれるはずだ。なのに、そのアルベール様は私のことを嫌うような態度。これで苦手になるなという方が無理だった。

「シュゼット嬢……」
「おかげで私はアルベール様のことが大の苦手になっちゃったんですからね!」

 そして、勢いに任せてそんなことを言ってしまった。……それから三秒後。激しい後悔が私を襲った。