★★★★★
毒舌家が愛妻家に
毒舌家。
私は主人公の花純さんみたいに料理が得意では無くて主人にお前の料理はころころ味が変わると言われ傷ついてました。
意地であれこれ作ってるうちに魚も三枚におろせるようになり、
主人は亡くなりましたが、言葉は残っています。
料理で虜にした代表作に微笑ましくもあり、初心で可愛い花純さんが愛らしくそしてふわっとした中にも芯が一筋通ってる姿に時成さんはKOされたのだと思います。
夢中で読みました。
ワクワクする展開に目が離せません
とうふ
21/11/27 10:25

>>新着レビュー一覧へ