遠泳大会の準備が始まった。当然、氷川くんはやる気満々である。ひっじょーにやる気満々である。

「二階堂と一緒だからな! 負ける気がしない」

 水鉄砲合戦について、俄然やる気を出している。

「だが、今年もビーチ・フラッグスは俺がとる!」

 二階堂くんに宣言する氷川くんである。

「俺だって負けない! 今年こそ紫に旗をやるんだ」

 さり気なく惚気をかまし、現時点での勝者は二階堂くんだ。

 私はボンヤリと修吾くんを思い出していた。テニスが忙しいから来ないかもしれないが、修吾くんがビーチ・フラッグスに参戦したら結構いい線行くのではないだろうか。