そして、決勝戦。
 三年生で勝ち残ったのは、綱のクラス三年三組と私たちのクラス三年二組。
 一年生で勝ち残ったのは、彰仁のクラス一年一組と、一年六組。

 私たちはクラスで円陣を組んだ。

「絶対に優勝するぞ!」
「おー!!」

 氷川くんの声にみんなで答える。


 フィールドはすでに大歓声だ。
 八坂くんはもちろん、氷川くんや修吾くん、モヤモヤするけど綱の名前や、生意気にも彰仁すら歓声を受けている。