勢いよくドアノブを捻って押せばなぜかドアが開いた。



……え、もしかして鍵が掛かってなかった…?




「おいテメェ!何しやがんだよッ!!」




ガシッ!と誰かに胸ぐらを掴まれた。



相手との身長差があったせいか一瞬だけ体が浮く。




顔を上げれば、あたしの胸ぐらを掴んでいない方の手でさすさす自分の頭をさすってる男と目が合った。





少し黄みがかった赤い髪に、切れ長の黒い瞳。





中性的なその顔立ちは、口から出る言葉とまったく合っていなかった。