ガララララッ!



「やっほーー!!!」




あたしは大きな音を立てて門を開け、そう叫んだ。




と。


「お嬢!二日ぶりっすね!」

「学校はどうだったんですか〜?」

「雨さんいないからむさ苦しかったんすよー!」

「おい、お嬢が困ってんだろ!!」



中にいた厳つい組員のおっちゃん達がぞろぞろと集まってきた。



……うん。確かに大男ばっかでむさ苦しそう。



哀れみを込めた目でおっちゃん達を見ていれば「そんな顔しないで下さい…」苦笑された。ごめん。




ちなみに組のみんなはあたしが男装をしてること────つまり、あたしが“女”だってことを知っている。



年齢はバラバラで40、50代の層が一番多い。






…つーか、




「“お嬢”って呼ぶなっつってんだろがあああ!!」



「「「ひぃいいぃいい!!」」」




あたしがこの家に来る前からいる奴らはあたしのことを“お嬢”と呼ぶ。


新しく来たヤツには「やめろ!」って予め言ってるから“雨さん”って呼ばれてるけど…。



“お嬢”と呼ばれるのが嫌いなあたしはいつも呼ばれるたびに暴れてた。





「待てやあぁぁああ!!」



「「「ギャァアアアア!!!」」」





だからこういうのは、こいつらとの“日常”みたいなもんだ。