付き合っていた彼氏にふられて
同窓会で愚痴ろうと意気込んでいたのに


「お前が、死んだ場合を想像した」

「……はぁ、」


事故にあい、生死の境をさ迷い
二週間ぶりに目を覚ました私を待っていたのは


「結婚するしかねぇなって、思った」

「いや何でだよ」


記入済みの婚姻届を押し付けてくる
六年前に別れた、元彼だった


start&end 2021 05 15

 

この作品のキーワード
短編  勘違い  すれ違い  復縁  元サヤ  元カレ  よりを戻す  プロポーズ  恋愛オンチ  炭酸水。