生まれて来た事事態が

間違いだったのだ。

どうして、お母さんは

私を自分の命と引き代えに

生んだのだろう。

私は、いつまで

疎まれて生きなければ

いけないのだろう。

この作品のキーワード
  財閥  政略結婚  切ない  恋人    別れ  恨まれる  逃避