彼の上に跨がりながら、必死に腰を上下に動かした。

幼い顔で必死に堪えているのがなんとも愛おしかった。

私は、上から彼を抱きしめ「りょう、大好きだよ」と吐息まじりに言った。

彼もそれに答えるように「俺もさくらが好きだよ」と答えた。

そして、私はこの日、初めて罪を犯した。



あらすじ

もう気持ち悪いって思われてもいい。

人からドン引きされてもいい。

私は本当に彼を、15歳の中学生の彼を、本気で好きなんだ。

中学生男子と35歳女性との恋愛物語です。

この作品のキーワード
歳の差  男子中学生  アラフォー  35歳女性  禁断  禁断の恋