桜が舞う季節、私は新たな環境に胸を弾ませていた。



今日は、高校の入学式。私は私立梅宮高校に入学した。



茶色の膝丈のプリーツスカート、朱色のセーラー服に茶色のリボンを結ぶこの制服は結構気に入っている。



念願の梅高に入れてよかった〜‼︎



「これは受験頑張ったかいがあったな〜」



今何時だろう。



「8時10分…って、急がなきゃ!」



ちょっと、ゆっくり準備をしすぎた。



家から学校までは20分かかる。



それに、校門は8時半に閉まってしまう。



「リボンまだ結べてないのに〜!!」



そう言いながら屋敷中を走り回って執事の黒城さんを探す。



黒城さんは、うちの執事の中では1番若い23歳だ。大学を卒業してすぐにうちで働くことになったのだ。



私の家は有名な大企業でそこそこお金持ちで、家族一人一人に執事が着く。



「黒城さん。急いでいこう!」



「かしこまりました。お嬢様。」