どんな手を使っても実らせたい。

それが、恋でしょ?





それなのに、あいつはいつも邪魔ばかり。



「邪魔ばっかしてんなよ」

どっちがだよ。



「それ似合ってねぇよ」

あんたのためにしてないから。



「無理だからさっさと諦めろ」

勝手に限界決めないで。




いつもいじわるなのに、



「めちゃめちゃに甘やかしてやりたい」



たまに優しくて甘いのは、ずるい。









計算でも、
あざとくても、
自分をつくってもいい。



だって、

好きな人には好きになってもらいたいじゃん。









「もっと泣けよ。もっと傷つけよ。
それであいつを嫌いになって、
俺を好きになればいいのに」




好きな人に好きになってもらうって
こんなにも難しい。




この作品のキーワード
幼なじみ  不器用  あざとい  溺愛  一途  初恋  いじわる  切ない  胸キュン