「私、誰かの役に立ちたい。だから約束してほしいことがあるんだ」

そう言って笑う彼女は女性。私の性別の女性。私たちは同性カップルだ。

心ない言葉を言われ、理解されないこともあった。でも、この胸に確かに愛はある。愛する人を決めるのは自分自身。それに同性とか異性とか、関係ない。

「……愛してる」

幸せは永遠には続かない。いつか、ふとしたことで壊れることがある。

でも、この愛だけは永遠にあるから……。




目次

この作品のキーワード
恋愛  結婚  幸せ    花束  交通事故  臓器提供  奇跡