初めてであった貴方に…
…ずっと片想いしてました…。

「いえ、大丈夫でしたか?
俺こそすいません、ぼーっと立ち止まったりなんかしてて。急ぎでしたよね、お怪我なくて良かったです。」

優しく声掛けてくれたあの日。

再会は

「これからお世話になります、実習生の相原怜也です。」

まさかの実習生?!そんな彼は私を覚えていてくれて……

授業でも、休み時間も、放課後も


どこかで私を見かける度に意地悪してきて
幾度となく告白してきたり…

「実習先のクラスに入ったら君がいた。
もう、ダメだって、嘘つけないやって。
だから俺といろ、一緒に。」


「俺のになれば?……つか、もう認めて俺のもんになれよ。」



強引なところも。


「よく頑張ったな?」



優しく褒めてくれるのも…。


「離さないって約束。お前だからするんだからな」



「ありがとう、ずっと一緒にいてくれて。」



初めて会った時からずっとあなたの虜でした。



この先もずっと私の事好きでいてくれますか?



高校生 川瀬仁梨×教育実習生 相原怜也

この作品のキーワード
恋愛  学園  実習生  高校  イケメン  ドS  甘々