「本当にここでいいの? これから電車に乗るなら家まで送るけど」

「大丈夫です。少し買い物したいし」

「こんな時間に?」

「こんな時間に」



 あの倒壊しそうなボロアパートを見られるのは嫌だ。軽い押し問答の末、石川さんが折れてくれた。

 車から降りたところで助手席の窓が開く。



「じゃあ、また誘っていい?」

「……いいですよ」



 一度目はすんなり引き下がったところで、二度目の要望を伝えてくる。

そうやって相手の良心を刺激して断られないようにするのが、石川冬弥の使う常套手段だと気づいたのは、大分先のことだった。