王家に疎まれ家が没落したルネリアは平民へと落ちてしまう。

仕事を探すルネリアだが、
王家に疎まれる家の娘を雇おうとする者は
一人もいなかった。

しかしあるとき東の果てに住むメアロード侯爵から
侍女としての求人が届く。

それはルネリアを示しているとしか思えない条件で、
彼女は早速メアロード領へ向かうが、
そこで当主からかけられた眼差しは酷く冷たいものであった。

が、

当主の言葉と行動は、態度とは裏腹に

ルネリアを甘やかし溺愛するような過保護なもので……。

「お前に親切にしてもらう価値など、私にはないんだ」


さらにルネリアは、侯爵と交流していくうちに
彼の悲しい秘密を知って――。


※なろうなど他サイトでも別のタイトルでアップしてます※

目次

この作品のキーワード
溺愛  ハピエン  吸血鬼  異世界  ラブコメ  独占欲高め  愛が重め  ほのぼの