桜の木の下で最悪な失恋をした夜…


私は、副社長であり、外資系保険会社の御曹司であるあなたに出会った。


名前は「紅月 麗央(あかつき れお)」


高身長でスラッと足が長い、まるでモデルみたいな完璧なスタイル。


綺麗で整った顔、セクシーな声…


そんな、素敵過ぎるあなたが奏でるバイオリンの美しい音色に、思わず涙がこぼれる。


『俺を…紅月じゃなく、麗央って呼ぶこと。な、簡単だろ?』


そんなこと言われても、初対面なんだよ…私達。


『綺麗…だ。桜桃羽の全てをさらけ出して…俺に見せて。君にどれほど魅力があるか、嫌と言う程思い知らせてあげるから』


私…


綺麗なんかじゃないよ…


『恥ずかしがってる桜桃羽(おとは)の顔を見てたら、もっと…意地悪したくなる』


そんな甘い言葉ばかり重ねられて、私は…


もう、どうなってもいいとさえ思った。


仕事、趣味、そして…再会。


激しい嫉妬に悩んだり、自分の想いに答えを出せない日々…


それでも…


私は…


明るい未来を信じて、前に進みたい。


ねえ、教えて。


本当の真実の愛は…


いったい、どこにあるの?



みやのもりさん様
素敵すぎるレビューに私が泣きました。
書いていて良かったと思いました。
これからも頑張ります、ありがとうございました。

この作品のキーワード
副社長  大人の恋  溺愛  再会  身分差  無自覚  眼鏡  嫉妬  イケメン  結婚