「正室になれなくてもいい。
ずっと・・・、政宗の傍にいれたら、それでいい」


破天荒なことを堂々と行ってみせる、
大胆不敵で自信家なこの男、
独眼竜 伊達政宗をなぜ、
私は好きになってしまったのだろうか。


「俺は・・・、愛する女を見殺しにしたも同然の男だぞ。
いいのか・・・?」


最愛の恋人だった愛姫を戦で亡くした政宗が
心に負った傷は、
計り知れない程の深いものだった。


「怖いのは、戦で死ぬことよりも、
愛する女を失うことだ」

「どんなことがあっても、私は貴方のお傍にいます。
私は戦で死んだりなんかしない」



政宗に対する響央の力強い想いが、
少しずつ政宗の心の傷を癒していく・・・ー。


※初心者によるノンフィクションのお話です。
※史実歴史のお話をいじりながら、
 作成しております。

あらすじ

ある日突然、庭の御神木に落ちた雷に巻き込まれてしまい、気を失ってしまった南條響央(19)は500年前の戦国時代へとタイムスリップしてしまう。

そこで出逢ったのは、我が道を行く独眼竜伊達政宗で・・・。

この作品のキーワード
戦国時代  戦国武将  伊達政宗  歴史  寵愛  大学生  イケメン  片想い  時空恋愛  武士