小さな窓からは、綿あめのようなもこもこの白い雲と、その上には真っ青な空が広がる。

 アイマスクを外して見えた雲の上に乗っているようなその景色を、私──宇佐美(うさみ)佑華(ゆか)は仮眠から目覚めたぼんやりとした目で眺めていた。


「佑華、起きた? おはよ」

「うん、おはよ」


答えながら、寝入って乱れた肩上ボブの髪を手櫛で整える。


「え、亜紗美(あさみ)、寝てなかったの?」

「うーん、寝ようと思ってたら寝そびれた」


 そう言った亜紗美の膝の上には、旅先で買っていた文庫本が置かれていた。


「あーあ、旅行もあっという間に終わりかぁ……」


 亜紗美の気の抜けた声に再び小窓の外を眺める。

 三泊四日で訪れたのは、一年ぶりの沖縄。

 今回は高校時代からの親友、上條(かみじょう)亜紗美とふたりきりの女子旅に出かけていた。

 亜紗美とは、年に一度以上は一緒に旅行に出かけている。

 お互い独身の独り身で、気兼ねなく旅を楽しめるからだ。


「また目まぐるしい日々に忙殺されますな」


 ふざけた口調でそう言ってみると、亜紗美は私に合わせて「ですな」と返してくれる。

 ちらりと顔を合わせ、ふふっと笑い合った。