四月後半の週末、土曜日。

 大型連休に入る前の週末も街は人で賑わいをみせている。


「やっぱり今日の佑華、すっごくいいよ、可愛い」

「だからやめてよ、なんか今日のために気合い入れてきたみたいな気分になるじゃん」

「え、多少はそれもあるでしょ?」

「あのねぇ……私がそういうつもりで来たと思ってる?」

「……ないか、ないよね。その店じゃなかったら絶対来なかったもんね」

「そうだよ。TPO的なやつだよ。あと、お店にも失礼ないようにね」


 一緒に日勤だった佳純と十七時に仕事を上がり、電車に揺られて向かった先は表参道。

 今日はこれから、なぎさに誘われた例の食事会という名の合コンがある。

 二日前、佑杏に『着る機会がないから!』と言われて渡されたグレーのシフォンプリーツスカート。

 そのスカートに合わせて、スモーキーピンクのリブニットという今日のコーディネート。

 仕事が終わって白衣から着替えると、佳純が『可愛い!』と妙に食いついてきたのだ。