どのくらいの期間で返答を返したらいいのだろうか……?

 高い天井をぼんやりと見上げながら、小さく「ふう」と息をつく。

 もう一週間以上は経つけど、どっちにしてももうそろそろ連絡しないとかな……?

 悶々とそんなことを考えていると、掛けているソファーの座面が揺れる。


「ゆかちゃー、だっこ、だっこ」


 ぽけっとしているといつの間にかとなりで杏莉がソファーをよじ登っていて、私の膝の上へと乗ってきた。

 夜勤明けの休み。

 今日は夕方から佑杏の家へと遊びにきている。

 新しいオーブンを買ったからご飯をご馳走すると言われ、この間遊びに来た日に約束していたのだ。

 当初誘われた日は、例の食事会の先約があってダメだったから、改めて予定を立て直した。


「杏莉ー、ゆかちゃお腹いっぱいだよ。杏莉はいっぱい食べたかな?」

「えー、お姉ちゃんまだ食べられるでしょ?」


 抱っこした杏莉にそんなことを話しかけていると、向こうから佑杏がトレーを手にキッチンからやってくる。

 そこには、私が今日お土産に買ってきたフルーツタルトが切り分けられてのっていた。