アタシは、女子大を退学した上に、恋人と別れたことと親が決めた男性との結婚などでヒヘイした。

そのまた上に、挙式披露宴の前の日の夜にきついはずかしめを受けて、身体がグチョグチョに傷ついた。

立ち直るまでに、相当な時間がかかるようだ。

7月29日、シベリア鉄道の長距離列車がモスクワ中央駅に到着した。

アタシは、ボストンバックと赤茶色のバッグを持って列車を降りた。

その後、特急列車に乗り換えてサンクトペテルブルグへ向かった。

サンクトペテルブルグに着いたアタシは、しばらくの間友人が暮らしているアパートに滞在した。

8月5日、アタシはマヤコフスキー通りにあるアパートへ移った。

友人からの紹介で、アタシはピロシコヴァヤ(ピロシキカフェ)とベルヴェ(ナイトクラブ・エルミタール美術館の近くにある)をかけもちでバイトをすることにした。

月給は合わせて2500ルーブルである。

その中から、アパートの家賃10ルーブル50カペイカを払う。

残りは、食費などを切り詰めて生活して行くことにした。

ハバロフスクにいた時は、両親や兄夫婦がいて守られていた。

お見合い結婚を反古にして家を飛び出した今は、自分の力で生きて行かなくてはならない。

アタシの1日は、朝6時に起きて身支度を整えて、7時に部屋を出る。

1個15カペイカのライ麦パンを買って、歩きながら朝食を摂る。

最初のバイト先のピロシキカフェで朝8時半から昼の2時くらいまでバイトをする。

夕方5時からラストまでナイトクラブでバイトをする。

ふたつのお仕事で得た合計2500ルーブルのお給料の中から、食費と家賃10ルーブル50カペイカを使う。

とにかく、食べて行くだけでも手がいっぱいである。

アタシのつらさは3倍、いえ9倍も27倍…いえ、うんと高いと思う。

2011年8月12日のことであった。

ピロシキカフェでのバイトを終えたアタシは、夜のバイトの時間までの間ペテルゴフ(宮殿公園)にいた。

アタシは、ペテルゴフの上の庭園にあるネプチューン噴水の広場のベンチにすわってのんびりと過ごしていた。

噴水広場の周囲に、たくさんの家族連れやカップルさんや赤ちゃんをベビーカーに乗せて散歩をしているお母さま方たちがいた。

幸せイッパイのカップルさんたちや家族たちをみたアタシは、顔が曇った。

アタシにとって、恋とは何だったのか…

アタシにとって、結婚とはなんだったのか…

アタシの気持ちは、ますますブルーになった。

あの時…

アタシの意志がもっと強かったら…

タメルランと別れずにすんだのに…

その日はバイトが休みなので、ネフスキー大通りにあるレストランに行った。

アタシは、ビーフストロガノフとボルシチを注文した。

アタシがひとりぼっちで夕食を摂っていた時であった。

27歳のドイツ人の男性で、会社の長期間出張でサンクトペテルブルグに来たヒーラーさんがアタシの元にやって来た。

ヒーラーさんは、グレーの背広で白で黒の水玉模様のネクタイ姿、アタシはむらさき色のTシャツとボブソンのジーンズ姿である。

ヒーラーさんは、アタシにとなりの席に座りたいと言うた。

「ここ…座ってもいいかな?」
「イヤ!!他へ行って!!」

アタシは、突き放す声でヒーラーさんに言うた。

ヒーラーさんは『おいおい、それはないよ~』とアタシに言うた。

「そんな冷たいことを言わないでよ~…きみの近くで空いている席と言えばここしかないのだよ。」

アタシにこう言うたヒーラーさんは、アタシのとなりの席にずうずうしく座った。

このあと、ウェイトレスさんが席にやって来た。

ヒーラーさんは、プーチンカ(ウォッカ)を注文した。

「プーチンカパジャールスタ。」(プーチンカをください)

それから2分後に、注文したプーチンカが到着した。

ウェイトレスさんは、プーチンカのビンとタンブラと氷の入っている入れ物を置いたあと、ヒーラーさんに他に注文があるかどうかと言うた。

「シトーニブチイショーハチーチェ?」(他にオーダーはございますか?)
「ニェットスパスィーバダスタータチナ。」(いいえ、もう充分です。)

ウェイトレスさんが席を外した後、ヒーラーさんは氷の入っている入れ物から氷を取り出してタンブラに入れながら、アタシに言うた。

「ねえ、君の名前は?」
「アリョーナ。」
「アリョーナちゃんだね。」
「うん、そうよ…あなたの名前は?」
「ぼくは、ヒーラー。」
「ヒーラーさんね。」

ヒーラーさんは、プーチンカのボトルのふたを空けて、氷の入っているタンブラにウォッカを注ぎながらアタシになれなれしく言うた。

「のむかい?」
「イヤ!!」

ヒーラーさんは、ひとくちのんでからアタシに言うた。

「アリョーナ。」
「なあに?」
「生まれは、どこなのかな?」
「極東ロシア。」
「極東ロシア。」
「ハバロフスクの貿易商の娘だったけど…お見合いを反古にしたので、カンドウされた…今は…幸せ探しをしているの…」
「幸せ探しをしている…」
「そうよ。」

ウォッカをひとくちのんだヒーラーさんは、アタシに言うた。

「アリョーナは、何でお見合いをしたのかな?」
「何でお見合いをしたって…アタシの父が経営している会社を手伝っていた一番上の兄がね…顧客から預かっていた3000万ルーブルを勝手に使い込んだあげくに…サウナ(風俗店)の女のコと行方不明になった…お見合い相手の家は、アタシの父の知り合いの家だった…4000万ルーブルをユウヅウしてくださったお礼に…アタシに大学をやめて結婚しろと…父から言われた…父は、家のことだけしか頭にないのよ…アタシのことはどうでもいいのよ…なんだかんだ言うけど、結婚するのは家のためにするのよ…」

アタシの言葉を聞いたヒーラーさんは、ウォッカをひとくちのんでからアタシに言うた。

「家のための結婚自体がイヤなんだよね…それで、今のアリョーナの気持ちはどんな気持ちかな?ハバロフスクにいたとき、好きなカレはいたのか?」
「いたけれど…別れた…カレの家が、結婚に反対したのよ。」
「そうだったのだ…」

ヒーラーさんは、ウォッカをのみほしてからアタシに言うた。

「アリョーナ。」
「なあに?」
「オレが…忘れさせてあげようか?」
「ヒーラーさん。」
「この近くのホテルに泊まっている…一緒に行かないか?」

アタシは、ヒーラーさんに言われるがままに、ネフスキー大通りにあるホテルに行った。

ところ変わって、ヒーラーさんが泊まっているホテルの小部屋にて…

「アリョーナ…」
「あっ…」

ヒーラーさんは、アタシをギュッと抱きしめて、激しくキスをしながらベッドへ寝かせた。

(ドサッ…ジーッ…)

「ああ…イヤ…」

ヒーラーさんは、アタシが着ていたボブソンのジーンズを脱がして、足元から抜き取ったあと、無我夢中でアタシの身体をむさぼった。

「あっ…」

ヒーラーさんに抱かれているアタシは、夢心地の中に包まれていた。

それから4時間後…

ヒーラーさんが眠っているベッドから起き上がったアタシは、ユニットバスへシャワーを浴びに行った。

アタシは、身体に付着しているヒーラーさんのにおいをシャワーで洗い流した。

アタシは、一日でヒーラーさんのことが好きになった。

その一方で、グロズヌイに帰ったタメルランはどうしていたのか?

実家があるグロズヌイに無事に帰ったのか?

それとも、音信不通になったのか?

アタシはヒーラーさんにのりかえたので、タメルランのことは忘れた。

そしてまた、次の日のことであった。

アタシは、いつものように午後2時までピロシキカフェのチュウボウで食器洗いのバイトをした。

ピロシキカフェでのバイトが終わった後、アタシはペテルゴフの上の庭園にあるネプチューンの噴水の広場へ行った。

アタシは、ベンチに座ってのんびりと過ごしていた。

そんな時、背広姿のヒーラーさんがアタシの元にやって来た。

「アリョーナ。」
「ヒーラーさん。」
「バイトは?」
「今終わったところよ…」
「アリョーナは、いつもここへ来ているのかい?」
「ええ、そうよ…夜のバイトが始まるまでは、ここでのんびりと過ごしているの…ここは、アタシのお気に入りの場所よ。」
「そうなんだ…アリョーナは、夜もバイトをしているの?」
「そうよ…ナイトクラブでバイトをしているの。」
「そうなんだ…座ってもいい?」
「いいわよ。」

ヒーラーさんは、アタシにひとこと言った後となりの席に座った。

その後、ふたりでお話しをした。

「ねえヒーラーさん。」
「なあにアリョーナ。」
「ヒーラーさんは、カノジョはいるの?」
「いや…好きなカノジョはいないよ…と言うよりも、ぼくの身近なところでは…身丈に合うカノジョはひとりもいないよ…」
「どうして?」
「どうして…と言われても…分からない。」

ヒーラーさんは、アタシからの問いにとまどった。

アタシは、ヒーラーさんに言うた。

「ねえヒーラーさん…あなたは、アタシのことが好きなの?」
「ああ…好きだよ…」
「アタシも…ヒーラーさんのことが…好きになった…」

アタシの言葉を聞いたヒーラーさんは、アタシに言うた。

「ぼくも…アリョーナのことが好きになった…ぼくと…恋を始めてみないか?」
「恋を始めてみないか?」
「空いている時間でいいよ…ぼくは、9月まではサンクトペテルブルグにいるから…どうかな?」

ヒーラーさんは、9月中までは仕事上の関係でサンクトペテルブルグに対策すると言うた。

アタシは、ヒーラーさんとお付き合いをすることを決めた。

それから1ヶ月の間、アタシはカレと一緒に休みごとに会って、デートを楽しんだ。

ふたりは、チャイナヤ・ローシュカ(ロシアクレープのファストフード店)へクレープを食べに行ったり、コリインスキー劇場へ行きまして、お芝居やオペラの鑑賞など…たくさんデートを楽しんだ。

特に行くところがない場合は、エカテリーナ公園へ行ってのんびりと過ごした。

2011年9月24日、ヒーラーさんのサンクトペテルブルグ滞在の期間が残り少なくなった。

この日の午後であった。

アタシのギャラクシー(スマホ)にヒーラーさんから電話がかかった。

ヒーラーさんは『話があるから、セーヴェル(ロシア菓子の店)まで来てほしい。』とアタシに言うた。

アタシは、ヒーラーさんが待っているセーヴェルにあるガーデニングカフェへ行った。

セーヴェル(ロシア菓子の店)にあるガーデニングカフェにて…

アタシとヒーラーさんは、店の名物のカルトーシュカと香りのいいお茶を注文した。

ふたりは、お茶をのみながらこんな会話をかわした。

「アリョーナ。」
「なあに?」
「アリョーナに、大切な話があるけど…」
「大切な話?」
「うん。」

ヒーラーさんは、お茶をひとのみしてからアタシに言うた。

「アリョーナ、オレ…9月いっぱいで会社を退職して…実家があるフライグブルグに帰ることにした。」
「フライグブルグって…ドイツに帰るの?」
「うん。」
「どうして会社をやめるの?」
「どうしてって…会社をやめて、実家のバーデンワインのおろし問屋さんを手伝おうかと思っている。」
「そうなんだ…実家のワインのおろし問屋を手伝いたいのね。」
「もちろんだよ…そこでアリョーナにお願いがあるのだけどいいかな?」
「アタシにお願い?」
「ああ…オレと一緒に…ドイツで…暮らさないか?」

ヒーラーさんは、アタシにこう言うてプロポーズした。

アタシは、涙をポロポロこぼしながら震える声で言うた。

「ヒーラーさん…こんなアタシでも…いいの?」
「もちろんだよ…オレ…アリョーナのことが好きだよ…大好きだから…オレのそばにいてほしい…」

ヒーラーさんからのプロポーズを聞いたアタシは、ドイツでヒーラーさんと結婚をすると決意した。

今度こそ、アタシは幸せになるのよ…

アタシは、心の中で何度も言い聞かせた。

そして2011年10月1日…

サンクトペテルブルグの暮らしをたたんだアタシは、ヒーラーさんと一緒に生まれ育ったドイツへ向かった。

ヒーラーさんが生まれたフライグブルグは、森林と清流に囲まれた学園都市で、フランスとの国境に近い街である。

サンクトペテルブルグから国際列車に乗って、ヘルシンキへ行った。

ヘルシンキからフェリーに乗って、ドイツに入国した。

その後、列車を乗り継いでフライグブルグへ向かった。

アタシとヒーラーさんがフライグブルグに着いたのは10月5日頃であった。

ヒーラーさんの実家は、市内のメインストリートのアイゼンバーン大通りにあるバーデンワインのおろし問屋さんである。

実家の家族は、両親と兄夫婦と兄夫婦の子供二人のあわせて6人家族である。

森林と清流に囲まれたフライグブルグやって来たアタシは、今度こそは幸せになるのだと言い聞かせた。

昼前のことであった。

アタシは、ヒーラーさんと一緒にヒーラーさんの実家にやって来た。

「ただいま。」
「おお、ヒーラー、帰ってきたのか。」

ヒーラーさんの兄夫婦がアタシとヒーラーさんを出迎えた。

「おふくろとおやじは?」
「奥の座敷にいるよ。」

アタシは、ヒーラーさんに連れられて実家の奥の座敷へ行った。

奥の座敷にて…

ヒーラーさんは、両親にアタシを紹介した。

「おふくろ、おやじ…紹介するよ…アリョーナさんです。」
「おかあさま、おとうさま…初めまして、アリョーナです。」

アタシは、ヒーラーさんのご両親にていねいな言葉で初対面のごあいさつをかわした。

しかし、ヒーラーさんのご両親はアタシを見るなり気難しい表情を浮かべた。

ヒーラーさんは、そんなことはおかまいなしに両親に言うた。

「おふくろ、おやじ…オレ…アリョーナと結婚をするよ…ぼくは…もう決めた…」

ヒーラーさんは、両親にアタシと結婚することを伝えた。

しかし、ヒーラーさんのご両親の表情がますます固くなった。

そして、その日の夕方のことであった。

ところ変わって、コロンビ公園にて…

アタシとヒーラーさんは、ベンチに座ってお話をした。

アタシは、ヒーラーさんのご両親が固い表情になっていたので『アタシはよそもんだから歓迎されていないみたい…』とつらそうな声でヒーラーさんに言うた。

「アタシ…ヒーラーさんのご両親からあんまり歓迎されていないのかも…ヒーラーさんのご両親は…アタシのことがキライだって言うたわ。」
「アリョーナは、どうしてそのようにとらえるのかな?」
「どうしてって…ヒーラーさんのご両親は『(旧)東側の女はいりません!!』と言うたのよ…」
「そんなことはないよ…おふくろとおやじは、アリョーナにまだなじんでいないだけだよ。」
「ほんとうかしら…」
「ほんとうだよ…おふくろとおやじは気難しい顔をしているけれど、本当はいい人だよ…戦時中(第二次世界大戦後)の痛手を受けたあと、ワイナリーを復興させるために必死になって働いてきた…仕事ひとすじで通して、夫婦でワインのおろし問屋さんを大きくさせて行くことで精一杯になって生きた苦労人だよ。」
「そんなことはどうでもいいわよ!!…やっぱりアタシは、ヒーラーさんの実家のご家族にきらわれているのよ!!」
「そんなことはないよ…両親はとまどっていただけだよ。」
「そのようなに言えるコンキョは、どこにあるのよ!?」
「あるよ…兄貴の結婚の時がそうなんだよ。」
「お兄さまの結婚はどうだったのよ?」
「兄貴の嫁さんはベルギーの生まれなんだ…兄貴の嫁さんも、少しずつ少しずつおふくろとおやじに気に入られた…気にしなくても大丈夫だよ…おふくろとオヤジはまだアリョーナになじんでいないだけで…」

ヒーラーさんがワケの分からないことを言うので、アタシは『やめて!!』と言うてさえぎった。

そして、サンクトペテルブルグへ帰ると言うた。

「アタシ、サンクトペテルブルグへ帰る…」
「アリョーナ。」
「アタシ、結婚やめる…」
「どうして?」
「アタシ、あんたの実家で暮らせない…」
「そんな~」
「兄嫁さんとアタシは違うのよ!!兄嫁さんは、西側の生まれだから、ご両親と仲よくできた…」
「そんなことはないよ。」
「うるさいわね!!あんたの両親は『東側の女はいらない!!』と言うたのよ!!」
「アリョーナ。」
「アタシ、今からサンクトペテルブルグへ帰るから、飛行機か列車のチケット手配して!!」
「えっ?」
「えっ?じゃないでしょ…チケット手配して!!」
「えっ?サンクトペテルブルグへ帰りたいからチケット取れって?」
「(ますますイラついた声で)ヒーラーさん!!アタシ、サンクトペテルブルクへ帰るからチケット手配してよ!!」
「(泣きそうな声で)そんな…それじゃあ、結婚どうするのだよぅ…」
「お嫁さんがほしいと言うのであればのこの街で探しなさいよ!!」
「えーっ、どうして?」
「この街は学園都市だから、若い女の子たちがたくさんいるでしょ…あなたは男前だから身丈にあう恋人さんはたくさんいるわよ…」
「アリョーナ、オレのことイヤなのかよぅ…」
「ええ、その通りよ!!アタシはあなたのご両親のことがキライだから、結婚やめたわ!!そんなことよりも早くチケット手配してよ!!」

アタシの言葉を聞いたヒーラーさんは、アタフタした表情で『待ってくれぇ…』とアタシに言うた。

「待ってくれよアリョーナ。」
「何よ!?」
「本当にサンクトペテルブルグへ帰るのかよ?」
「当たり前でしょ!!アタシやっぱりひとりで生きて行くわ!!」
「待ってくれよぉ…分かった…実家出る…実家出てふたりで暮らそう…それでどうかな?」
「実家出るって…それじゃあ、仕事はどうするのよ?」

仕事をやめていたことをコロッと忘れていたヒーラーさんは、しどろもどろの表情でアタシに言うた。

「探す…シューカツする…仕事が見つかったら、オレのお給料でアリョーナを食べさせる…」
「(冷めた目つきで)ほんとうかしら…」
「ほんとうだよ…オレがその気になれば働ける職種なんていくらでもあるよ…オレのことを必要としてくださる事業所は山のようにあるよ…新しい仕事を見つける…アリョーナにつらい想いをさせない…信じてくれ…」

ヒーラーさんは、改めてアタシに結婚を申し込んだ。

アタシは、ヒーラーさんはきっと再就職をして、地道に働いてお給料をかせいでくれると信じて結婚を決めた。

10月8日、ふたりは聖マルティン教会で挙式を挙げた。

そして、教会のウェディングベルを鳴らした。