あいつと離婚したアタシは、気ままなひとり暮らしに再び戻った。

アタシは、生まれ故郷のハバロフスクに帰ることができないので、引き続きナスティアが暮らしているアパートで暮らすことになった。

仮に、ハバロフスクへ帰っても、アタシの居場所はどこにもない。

その上にまた、タメルランと連絡が取れない…

ままの状態でありましたので、アタシのいらだちはさらに高まった。

あいつの家の親族との対立を抱えたまま離婚をしたので、アタシの乳房(むね)の奥の傷はさらに広まった。

どうしようかな…

アタシの不安は、さらに拡大した。

2012年10月1日に、アタシはアメリカ合衆国本土へ渡ることを決意した。

その前に、必要なお金を稼がないと…

アタシは、サンジェルコン・デーフレにあるクルス・ドゥ・パリ・マビヨン・エスパス・ピザ(ピザ屋さん)でバイトを始めた。

ピザ屋のバイトだけではとても足りないので、複数のナイトクラブやパブなどをかけもちして、合計2~3万ユーロを稼いだ。

稼いだお給料のうち、2万7000ユーロは渡米のための資金と渡米後の生活費と滞在用のビザを取得するための費用として貯金をする。

残りの3000ユーロのうち2500ユーロはナスティアのアパートの家賃の一部と使う。

残った500ユーロで、食費などに充てる。

ハバロフスクから飛び出したアタシは、もっともつらい時期であった。

一定の金額がたまったら早いうちに渡米しよう…

アタシは、日々そのように言い聞かせていた。

アタシがバイトをしているピザ屋にて…

ランチ時やティータイムになると、学生たちがたくさん来ていた。

店にやって来た学生さんたちは、ピザを食べながら将来の夢や希望をざっくばらんに語り合っている。

アタシは、そんな話を聞くたびに顔が曇った。

昼間のバイトを終えたアタシは、サン・ミシェル広場に行った。

アタシは、ベンチに座って考え事をした。

今のアタシには、恋人を作って結婚をしたいと言う気持ちはまったくない。

アタシのギスギスした気持ちは、フライグブルグにいたときもそうだった。

そうしたギスギスはハバロフスクにいた時から生じた。

アタシは…

どうして、結婚生活が長続きをしなかったのか…

アタシは…

どうして、良縁に恵まれなかったのか…

そう思うだけでも、ますます悲しくなった。

アタシは、アメリカ合衆国本土へ渡って、そこで幸せ探しをしようと決意した。

時は流れて…

2012年12月20日に、一定の金額がたまった。

アタシは、アメリカ合衆国へ旅立つ準備に入った。

それから5日後のクリスマス休暇の最後の日…

アタシは、ボストンバックと赤茶色のバッグを持って、パリの中央駅から列車を乗りついでジェノヴァ(イタリー)へ向かった。

ジェノヴァに着いたアタシは、旅客船に乗り込んだ。

旅客船は、地中海からジブラルタル海峡を通って経由地のポルトガルへ向かった。

ポルトガルの首都・リスボンの港で物質補給などのために、船は一時停泊する。

その港、旅客船は大西洋を横断してアメリカ合衆国へ向かった。

(ボーッ!!ボーッ!!ボーッ!!)

旅客船は、汽笛を鳴らしながら経由地のリスボンの港を出航した。

旅客船は、大西洋を横断してアメリカ本土へ向かった。

アタシは、旅客船のデッキにて海を見つめていた。

アタシは、海をみつめながら何を思っていたのか…

年が明けて、2013年1月2日…

アタシをのせた船は、アメリカ合衆国本土のボストンの港に到着した。

そして、アタシの幸せ探しが再び始まった。

アタシは、ボストンバックと赤茶色のバッグを持って船から降りた。

そして、一枚のメモ用紙に記載されている地図を頼りに街を歩いた。

行き先は、ボストンのバックベイ中心部のニューベリー通りにあるインテリア家具のお店である。

インテリア家具屋さんは、ハイスクール時代の友人のエレンが下宿している。

港を出発してから50分後であった。

アタシは、エレンが下宿しているインテリア家具屋さんに到着した。

「ごめんください…どなたかいらっしゃいますか?ごめんください…」

店の奥から、店のおかみさんがやって来た。

「はーい…あら、あなたがアリョーナさんですか?」
「はい、アリョーナです。」
「よかったわ…エレンちゃーん、アリョーナさんが来たわよ。」

店のおかみさんに呼ばれたエレンが店舗にやって来た。

「やだ~アリョーナじゃない。元気だった?」
「エレン。」

アタシは、久々にハイスクール時代の友人たちと再会した。

再会を喜び合った後、エレンが暮らしている部屋に行った。

明日からは、アメリカ本土での暮らしが始まる。

アタシは、住むところが見つかるまでの間、エレンが暮らしている下宿にいることにした。

下宿は、まかないつきで家賃が30ドル…

主に、大学生や専門学校生が暮らしているひと部屋4畳半のひと間の部屋である。

アタシは、店のおかみさんからの紹介でニューベリー通りにあるフライドチキン屋さんでバイトを始める。

しかし、それだけでは収入が足りないので、夜のナイトクラブのバイトとかけもちをしてお金を稼ぐことにした。

朝の9時から昼の3時まではフライドチキン屋さんで、夜の6時から深夜11時まではナイトクラブでバイトする。

日当の合計は、560ドルである。

月に20日前後働いて、月給は合計1万1200ドルである。

まかないつきの下宿だが、アタシはおかみさんの手料理を食べる時間が全くない。

店の近所にあるパン屋さんで買った一食20セントのサンドイッチで三食を摂る。

1ヶ月の収入のうち、毎月1万ドルずつ貯金する。

残りの1200ドルが正味の生活費である。

消費の内訳は、下宿代30ドルと1日の食費がサンドイッチ代3食とケータイ代や雑費など…

あれこれ切り詰めても、生活が苦しいことに変わりはない。

ちなみに、月々貯金している1万ドルは、女ひとりで生きて行くための最低限の貯蓄である。

ただ、その一方で迷いはある。

結婚するか…

女ひとりで生きて行くか…

どうしようかな…

話しは、アタシがボストンにやって来てから2日目のことであった。

アタシは、チャールズ川沿いにある公園へ行った。

この時、公園のベンチで休憩していたエレンと会った。

「アリョーナ、こっちこっち。」
「エレン。」
「フライドチキン屋さんのバイトは終わったの?」
「うん、今終わったところよ。」

エレンのとなりに座ったアタシは、エレンとお話をした。

エレンはアタシに『この先結婚をするのかそれとも女ひとりで生きて行くのかどっちにしたいの?』と聞いたので、アタシは『分からない。』と答えた。

エレンは、アタシにこう言うた。

「アリョーナ、あんたどうして女子大を中退したの?…付き合っていたカレと別れたと聞いたけど、一体何があったの?」
「えっ?」
「もしかして…カレの家の人たちから…何か言われたの?」
「言われてないわよ…」
「それじゃあ、何があったの?」

エレンの問いに対して、アタシはこう答えた。

「あのね…一番上の兄が…顧客から預かった預り金を…勝手に使って…損害を与えた…そのあげくに、サウナ(ロシアの風俗店)と行方をくらませた…それで、大学やめて、父の知り合いの家の息子さんとイヤイヤお見合い結婚した…けど、挙式の日に教会を飛び出した…そして、シベリア鉄道に乗って…ここまで逃げてきた…」

エレンは、アタシに言うた。

「アリョーナ、どうしてイヤと言わなかったの?」
「イヤと言うたら、家から追い出されるのよ…お見合い相手の家は、預り金を弁済するためのお金を出してくださった…お見合い相手の父親は、アタシの父の戦友なのよ…一緒にアフガニスタンの戦場で一緒に戦った同士なのよ…お見合い相手のお父さまは…最前線で戦闘中に大ケガを負ったの…その時、父が軍医だった…お見合い相手のお父さまは、父のおかげで命びろいしたのよ…」
「アフガン戦争で一緒に戦った戦友同士だったイキサツがあったのね…それで断ることができなかったのね。」
「うん。」
「今のアリョーナの気持ちは、結婚したくないのね…それじゃ、カレはどうするのよ?」
「タメルランのことは出さないで!!」

エレンからタメルランのことを聞かれたアタシは、思わず声を荒げた。

「アタシは、タメルランとはとっくに忘れたのよ!!」
「アリョーナ。」
「タメルランとアタシが最後に会ったのは、4ヶ月前だった…パリで再会したけど…会えば肌を重ねてなぐさめあうだけの関係だった…」
「体だけの関係…」
「だから、アタシとタメルランは結婚できないの!!」

アタシは、エレンに思いの丈(たけ)を全て打ち明けた。

アタシは、タメルランを忘れて女ひとりで生きて行くと決意した。

さて、アタシがアメリカ合衆国本土で新しい生活を過ごしていた時であった。

ハバロフスクの実家は、二番目の兄が嫁さんと一緒にイルクーツクにある嫁さんの実家へ転がり込んだので、家に跡取りがいなくなった。

困った両親は、ナホトカで暮らしていたイトコ夫婦をハバロフスクに呼んだ。

父は、イトコを貿易商の跡取りに決めた。

だから、ハバロフスクにアタシの居場所はない。

2013年1月7日・ロシア正教のクリスマス(ロシアの国民の祝日)の休日のことであった。

場所は、アムール川沿いの緑茶公園内にあるパールスホテルにて…

この日は、アタシの遠い親戚の本家の長男さんと職場恋愛で知り合った女性の挙式披露宴が挙行される。

ホテルのエントランスのロビーには、親族のみなさまや職場の同僚のみなさまがたくさんいた。

披露宴が始まるまでの間、お茶をのみながら過ごしていた。

アタシの実家の両親とイトコ夫婦も披露宴に出席していた。

新郎さんがエントランスのロビーにごあいさつに来て、出席者のみなさまにごあいさつをかわした。

それから20分後のことであった。

出席者のみなさまは、ロビーから披露宴場へ移動した。

その後、指定された席に座って、披露宴が始まる時を待っていた。

しかし、この時新婦の控え室で事件が発生した。

新婦さんの控え室に、ボサボサの髪の毛に白のランニングシャツを着て、えんじ色のデニムパンツ姿の男が新婦の控え室に強引に入ってきた。

新婦の控え室に土足で上がり込んだ男は、タメルランだった。

タメルランは、控え室にいる花嫁さんと浮気していた。

花嫁さんも、過去に複数の男と浮気していたので、トラブルを抱えていた。

タメルランが花嫁さんに『もう一度やり直してくれ~』と女々しい声で言うたので、大ゲンカになった。

「タメルラン!!帰ってよ!!」
「なあ、頼むよぉ…この通り…ナタリア…オレのそばにいてくれぇ~」
「都合のいいことばかりを言わないでよ!!アタシは、あんたのことは一生許さないから!!」

花嫁と大ゲンカを起こしたタメルランは、披露宴場の受け付けにある祝儀袋を強奪した後、ホテルから逃走した。

それから数分後に、受け付けの人がトイレから戻ってきた。

その時、祝儀袋がなくなっていたのを聞いたので顔が真っ青になった。

その上、タメルランの持ち物であるブレスレットが現場に落ちていた。

タメルランが祝儀袋を強奪したこととタメルランが花嫁さんを犯して妊娠させたことがあからさまになった。

花嫁さんは、妊娠4ヶ月であった。

事件が原因で、披露宴場で大規模な暴動が発生した。

ロシアに居づらくなったタメルランは、貨物船に乗り込んで密航した。

貨物船は、宗谷海峡~オホーツク海~千島沖~アリューシャン列島付近を経由して、パナマ運河を通って、ドミニカ経由でアメリカ合衆国へ向かった。

それから20日後のことであった。

アタシは、ボストンのバックベイの中心部のニューベリー通りにあるインテリア家具屋さんで下宿生活を送っていた。

一日も休まずにフライドチキン屋さんとナイトクラブのかけもちバイトに明け暮れていた。

その日の深夜11時半頃であった。

ナイトクラブのバイトを終えて下宿へ向かっていたアタシは、チャールズ川沿いにある緑地公園にてタメルランと再会した。

「タメルラン。」
「ちょっと…話があるから…オレと来てくれ…」

タメルランに言われたアタシは、公園内の誰もいないところへ連れて行かれた。

公園内の誰もいないところにて…

タメルランは、アタシに札束がぎっしりつまったふうとうを差し出した。

タメルランがトウトツに『受け取ってくれ…』アタシに言うたので、大ゲンカになた。

「これは一体何なのよ!?あんたがトウトツに『受け取れ…』と言うたから、アタシは怒っているのよ!!」
「アリョーナ…何も言わずに受け取ってくれ…頼むよぉ…この通りだ…」
「タメルラン!!この大金をどこで手に入れたのよ!?答えてよ!!」
「そんなことはいいから受け取ってくれ…2万ドル…何も言わずに受け取ってくれ…アリョーナ…」
「あんたね!!アタシはこの2万ドルをどこで手に入れたのかを聞いているのよ!!アタシの問いに答えてよ!!」
「そんなことはいいから受け取ってくれよぉ…」
「イヤ!!」
「どうして拒否するんだよぅ~」
「あんたが盗みで得たおカネだから拒否したのよ!!」
「ちがうよぉ…コツコツと働いて貯金したお金だよぉ…」
「な~にがコツコツと働いて貯金したおカネなのよ…サボタージュのあんたに2万ドルの大金を稼ぐ能力なんかあるわけないでしょ!!」
「何だよぉ…オレのどこがサボタージュ何だよぉ?」
「サボタージュをサボタージュと言うたらいかんのかしら!?」
「オレはサボタージュじゃねえ!!」
「サボタージュじゃないと言うならなんなのよ!?」
「アリョーナこそ、おれ以外の男をつまみ食いしているじゃないか!!」
「悪かったわね!!」

ふたりは、延々と言い合いをしていた。