【英語版書籍化決定しました!】
※第2章連載開始しました!

アニエス・ルフォール伯爵令嬢は、珍しい桃花色の髪と精霊の加護の持ち主。
ある日、竜の血を引くという王族の婚約者から、魂の伴侶である『番』を見つけたと婚約破棄された。

元々平民育ちのアニエスは平民に戻ろうと準備を始めるが、何故か婚約者の従兄の王子から舞踏会に招待される。
精霊の加護により感情が高ぶると相手にキノコを生やすという困った性質を持つアニエスだが、キノコが生えた王子は怯えるどころか、歓喜した。


「これも運命の赤い菌糸が繋ぐ縁だ。――俺と婚約してくれないか」


色々訳ありの伯爵令嬢がキノコの変態王子と出会い、キノコを生やしたりもぎ取ったりしながら、自分と向き合うお話です。


※お話に出て来たキノコのモデルを紹介する「今日のキノコ」がついています

※「小説家になろう」にも掲載しています。

この作品のキーワード
プロポーズ  身分差  勘違い  ラブコメ  婚約破棄  契約関係  溺愛  剣と魔法  竜の血と番  王子と令嬢