「私です。入ってもいいですか?」
 次の日の夕方、旦那様が御國の元を訪れた。
「はい。どうぞ」
 今日は仕事が休みという事で、旦那様は今までどこかに出掛けていたようだった。
 旦那様は部屋に入ってくると眉を顰めたのだった。
「……何をしているのですか?」
 御國は腕にニコラを抱いて、右手にスプーンを持っていたのだった。


「あっ、これですか? もうすぐ、ニコラが離乳食を始めると思うので、その前にスプーンに慣れさせておこうと思いまして」
 御國は持っていたスプーンを、傍らに置いていた水の入ったコップの中に入れたのだった。

 これは元の世界で育児書を読んだ時に知ったのだが、離乳食を始めた赤子の中には金属のスプーンの冷たさが苦手な子がいるらしい。
 そうならないように、予めスプーンを使って水や、小指の先よりも少ない野菜スープやすりつぶした果実を絞った汁を飲ませてスプーンに慣れさせると良いとの事だった。

「旦那様もあげてみますか? ニコラはスプーンを怖がらないどころか、もっと水を飲みたいみたいです」
「ニコラの入浴上がりに、またあげるつもりです」と御國は勧めるが、旦那様は丁重に断ったのだった。
「それよりも、私は貴方に渡したいものがあってきたんです」
「渡したいものですか?」
「ええ。部屋まで来て頂けますか?」
 旦那様はペルラを呼ぶと、ニコラの面倒を見るように指示を出して預けたのだった。
 御國は旦那様に連れられて、部屋を出たのだった。

「ここが、旦那様のお部屋なんですね」
 旦那様に連れられて入った部屋には、大きなベッドと、白色の布張りのソファーセットがあるだけのシンプルな部屋であった。
 窓辺には白いバルコニーがあったのだった。
「私の部屋というよりは、ここは私と貴方、夫婦の寝室です。
 もっとも、貴方が私と同じ部屋で寝る事を拒否したので、今は私が1人で使用しています。そういう意味では、私の部屋と言っても間違いではありませんが……」
「覚えていませんか?」と旦那様に聞かれた御國は真っ青になりながら、首を振ったのだった。
「ま、まさか。勿論、覚えていますよ!」
 御國は内心では、しまったと思いながらも頷いたのだった。
 旦那様はまだ疑わしげではあったが、「そうですか」とだけ答えたのだった。

 御國が窓辺に近寄ると、旦那様も後を追うようにやって来た。
 旦那さんの手には、掌サイズの小さな白色の小箱があったのだった。
「貴方にこれを差し上げます」
 御國が両手を伸ばして丁寧に受け取るが、何故か旦那様は悲しげな顔をしたのだった。
「ありがとうございます! 開けてもいいですか?」
「……どうぞ」
 御國がそっと小箱を開けると、中には赤色の石がはまった指輪を入っていたのだった。