祖母の遺言でお見合いをすることになった。

 お見合い当日、私を料亭から連れ出したのは、死別した恋人の記憶を持った少年だった。

表紙:Ayumiさま

この作品のキーワード
前世の記憶  青春  歳の差  死別  生まれ変わり  お見合い  切ない  シリアス