次の日、わたしは学校が終わると、そのまま撮影スタジオへと向かった。スタジオに行くと、リュウはモデルの仕事で撮影をしていた。

 「リュウ、もっと笑って! そうそう!いいね!」

 リュウはいつものように撮影をこなしていく。その姿はまさにプロだ。

 ……これがリュウのプロとしての顔。リュウが活躍する雑誌が発売されるたびに、何度も重版されている。

 リュウの人気はとてつもなく大きくて、リュウが出るテレビやドラマの視聴率はいつも高い。……何よりも、リュウのその甘いマスクが、世の中の女性を虜にしている。

 わたしはそんなリュウの、偽の彼女としてこうしてこの世界に飛び込んだ訳だが……。

 正直に言うと、オタクなのに最近はめっきりアニメイトに行けない。そして観たいアニメを録画しているのに全然観れていない!

 この仕事をしだしたおかげで、めっきりアニメと疎遠になってきているという事実がある!

 これはまさに、普通のわたしにとってはありえないことなのだが……。