君への気持ちを綴った。




目次

この作品のキーワード
過去  後悔