幸太の頭に手を置いてにっこりと微笑み、凛の病室の前まで行くと、彼女の担当の医師とすれ違った。
 凛の話を聞いたら、軽い疲労で今日一日検査も兼ねて入院して明日の午後には退院できるという話だった。
 病室は真っ暗で、彼女は少しやつれた顔をして眠っていた。
「あっ、凛寝てる」
 幸太が少しがっかりした様子で言うが、声を潜めて注意する。
「幸太、静かに。起こすとかわいそうだ」
 医者は疲労と言っていた。
 家計のためにかなり残業もしていたのだろうか?
「ごめん。でも、凛と話せなくて残念」
 俺の目を見て謝る幸太に優しく微笑み、次に眠っている凛に目を向けた。
「また会える。凛、早くよくなれ」
彼女の頭を撫でると、病室を出て病院を後にし、花を届けるよう手配した。
 明日には退院するが、凛が起きた時に少しでも喜んでもらいたかったのだ。それに、俺が気にかけていることを彼女に知ってほしかった。無理をしてまた疲労で倒れられては困る。