幼なじみは
わたしに噛み付いてくる




「いたいよ…っ」


増える噛み痕




痛がっても


泣いても



消えない痛みがそばにあった




「……いたい?千花」



それは、どうしようもなく




「もう一回だけ…噛むね」



甘い──……



◆◆◆

目次

この作品のキーワード
溺愛  嫉妬  束縛