「単刀直入に言います。天里さん。あなたには、生贄になって頂きたい。」


そんな出来事から始まった監視をされる日々。


「逃げられては困りますので。」


そんなことを言いつつ彼は、爪が甘い。


きっと彼は、嘘つきだ。

あらすじ

異界に連れ去られた高校生の小原天里。体には、多くの傷があり記憶もない。そんな災難の中で助けてくれたのは、恵生という少年だった。少年は、天里が連れ去られた理由を知っていた。「単刀直入にいいます。天里さん。あなたには、生贄になって頂きたい。」

この作品のキーワード
ファンタジー  恋愛  妖怪  擬人化  ホラー