唯一の家族、真守お兄ちゃんと十年ぶりの再開。

久しぶりに会ったお兄ちゃんはうんとオトナで格好よくて、なんだか胸がきゅんと痛む。


「迎えに来たよ、真佳」

私が辛い時に駆けつけてくれるヒーローで


「分かった分かった、一緒に行くから。ほら、手。繋ぐんだろ?」

無条件に優しくしてくれる存在で


「真佳は俺の宝物だ」

私の一番大切な人。



昔から変わらないはずなのに、時間はその形を変えていく。




*

生田真佳 -Mamaka Ikuta- (16)

×

神崎真守 -Mamoru Kanzaki- (18)


*




胸の痛みに名前を知った。

気が付かなければよかったと後悔した。

毎日毎日同じ気持ちが溢れる。


もう、どうにもできないよ。


この作品のキーワード
兄妹  禁断の恋  純愛  高校生  切ない  胸キュン  甘々  溺愛  泣ける