中学一年生になったばかりの梅山美琴は、
親が気まぐれに家を買ったせいで
いきなり転校することになる。

せっかく仲良くなった友達と別れ、
新しい学校へ来てすぐに、
少し変わった男の子に出会う。

いきなり「パーフェクトだ」なんて言われて
ドキドキしたけど、その理由を聞いたら、
「ハァ?」だった。

タンテイ君とハカセ君、
変な男子が気になる私の
『小さな気持ち』に名前がつくまでの、
ピュアな初恋ストーリー。

この作品のキーワード
学園  中学生  友情  理系  初恋  ピュア