麗チームのトップfiveのお気に入り。


貴方に出逢えて良かった。
貴方に出逢えてなかったら、今の私は居ないと思う。

キラキラ輝く赤茶の髪、綺麗なブラウンの瞳、
綺麗な二重に長いまつ毛。
誰もが振り向く美少年。

初めは、関わりたくもない存在だった。

でも、今は......。

貴方が居てくれて、傍に居てくれて、良かったと思う。
貴方が居なかったら、私は今も人と関わるが無理だった。
本当に良かった。本当にありがとう。
出逢ってくれて、拾ってくれてありがとう。
大好き、愛してる。
言葉にできないぐらい、貴方に感謝と愛しさがあふれ出す。


り「貴方達とこれ以上関わりたくない、
私に構わないで、ほっておいて!」

レ「ちゃんと、今のお前の気持ちを教えろ」

り「未成年はお酒禁止です!!」

ラ「お前に言われたくねぇよ!!」

ジ「ほっとけるわけねぇんだよ!
お前は、自分の気持ちに嘘をつくな
正直になれ、俺らを頼れ、一人で抱え込むな」

チ「泣いていいんだよ?我慢しないで、僕が付いてるよ」

ハ「」


これは、
人と関わりたくない少女と、ヤンキー君の
恋の物語。

※未成年は、お酒禁止です!

※初めての作品です!
間違えている字もあると思います!
暖かく、読んでくれると嬉しいです!

あらすじ

人と関わりたくない美少女と、ヤンキー君達との青春学園溺愛の物語。

この作品のキーワード
恋愛  ヤンキー  ベタ惚れ  溺愛  胸きゅん  俺様