どこまでも続くかのように思わせる長い、長い縁側に私は座っていた。

 仁科の屋敷は迷路に似ている。

 迷ったら出て来れない、まるで神話に出てくるラビュリントスのようだ。

 一つ一つが無駄に広く、しかも使われていない部屋が多々ある。

 出入りを禁じられた開かずの間、昔の武家屋敷のようなシステム。


 夏は何故かひんやりと涼しく。
 冬はどこか暖かい。

 今ではどこかに隠されているのだろうと思う程度だが、昔はよく、このお屋敷のどこにクーラーがあるのかと不思議に思った。


 しかし、この『離れ』の光景は見事だと思う。

 少し首を動かすと、薄雲に隠れてぼんやりと光る満月。

 その光に照らされて、白く見える夜桜が目に入ってきた。


 ほのかに香る桜の匂いが鼻腔をくすぐり、私は足をぶらつかせながら小さく笑みを浮かべた。

この作品のキーワード
和風  金持ち  監禁  年の差  御曹司  溺愛  完結  短編  甘々  婚約者 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。