美術室。美術部の作品や芸術センス皆無の私が見ると、よく分からないような彫刻の作品などいろいろなものが置いてあった。
放課後、郁弥の補習を待つ暇を適当に潰すため、旧校舎へ出掛かりが何かないか見に来た。
そういえば、朱里の学校カバンに入っていたあの鍵は一体どこのものだったのだろう。
まさか、部屋の鍵ではないのか。ありえない話ではない。例えば、何か鍵付きの箱とか…。
まさか…
私は、美術室の準備室のドアを開けて、彫刻刀などが入っている箱が置いてある所に行った。
美術の授業で彫刻刀を使う実習をしたとき、たまたま片付けで目に入ったものだ。
その箱だけ鍵がかかっていて、最初は教師専用の物かと思ったが、だとしたら、教卓の近くに置いてあるだろう。
だからと言って、鍵がないので開けることもできない。
鍵と一緒に入っていた紙には『学校』としか書かれていなかったが、そこまでそれを入れた者がいろいろ考えていた気はしない。
絶対あの鍵は、学校にある何かの鍵穴にささる。
それが、この彫刻刀の箱なのだ。

「待っててくれたの。」
「いろいろ話したいし。」
郁弥にこの事を伝える。
「でもこれが分かったところで、その箱を開けれるわけでもないしなぁ。鍵は警察とか、親族とかが持ってるんじゃね?簡単には手に入らないよ。」
「箱を持ってみたんだけど、何も入ってない感覚だったの。」
「まあもしその箱だったとして、遺体が入るなんて馬鹿な話ありえないしな。あ、それか…」
「なに?」
「トイレには死ぬために使われた薬とかそのゴミとかが1つも無かったって書いてあったよな?それが入ってるとか。」
「たしかに、それだったら軽いし何も入ってないって感じるかも。」
「でも鍵がないしなぁ。」
そんなことを考えていると、1つひっかかる事があった。
「ねえ、田中が遺体を持ち去ったのは確実だけど、だとしたらなんで、田中は朱里が自殺していることを知ってるの?まるで最初から死ぬのを分かってるみたい。」
「もしかして、朱里は別に自殺しようなんて思っていなかったんじゃ…。」