次の日、私達は田辺先生に写真と鍵を返しに保健室へ行った。
「これ、ありがとうございました。」
「いえいえ、役に立った?」
「はい、とても。」
「私の方こそお礼を言うわ。ありがとう。あの子達の存在を知ってくれて。」
先生は泣きそうだったが、また笑顔で、私達に向かってお辞儀をした。
私達も慌ててお辞儀を返した。

「そういえば、あのノートはどうなったんだ?家に置いてきたのか?」
「誰にもわからない所に隠すよ。」
郁弥は、ぽかんとしていたが、すぐに察した。
「あー、そういうことか。よし、美術室行くか。」
「うん!」
事件の真相をノートに全て書いた。いつかまた私達のような物好きが、見つけ出したときのために。
最後のページには、こう書いた。


『この真実は、私とあなただけの秘密。』

この作品のキーワード
サスペンス  学校  いじめ  事件  恋愛