「ーーいっぱい愛しちゃう」




艶のある黒髪。

甘ったるいマスク。

ーーフゼアの香り。


私の彼氏は、この街の西側を牛耳る
"G.G"の頂点に君臨する男。



…………………

お互いに干渉しあわない楽な関係に、

それなりに満足していたはずだったのに。

…………………




「キスしたのに動じないなんて、変な女」



ハチミツ色の髪の毛。

掴めないうっすらとした瞳。

甘いムスクの香り。



《 "G.G" No.2 》

チームで1人だけ孤立した、

刃のようにとんがった男にーー、



惑 わ さ れ る 。





◎別サイトにて2016年に公開していたものになります。少し修正をしての公開となります◎

あらすじ

この街の西側を牛耳るーー晄は私の彼氏だ。甘ったるいマスクで数多くの女をはべらしているけれど、べつに気にしないドライな関係。そんな中で、同じチームに属しているハチミツ頭のいけ好かない男ーー眞紘との距離が縮まっていき……?

この作品のキーワード
三角関係  溺愛  不良  イケメン  切ない  胸キュン  暴走族  学園  高校生  甘々