歩けば歩くほど、徐々に視界は涙でにじみ、目を埋め尽くした雫がぽろりと頬を伝って落ちた。



よかった、辰巳の前では泣かなかった。

私、ちゃんと笑えてたかな。

これまで言えなかった気持ち、ちゃんと伝えられていたかな。



この恋を終わらせることは、きっと簡単じゃない。

まだまだ時間はかかるだろうし、何度も胸を痛めるだろう。

だけどいつか、この日のことを笑える日がきたら、今日の私を好きだって胸を張って言えるだろう。



恋する幸せも失恋の痛みも、彼がいたから知ることができた。

そしてその日々が、未来の私を強くする。




涙を拭う右手に握った、スイートピーの花。

花言葉に込めた想いは、彼の門出を祝う気持ちと、蝶のように飛躍する未来を願うもの。



そして、もうひとつ。

彼に向けた花言葉。



『優しい思い出を、ありがとう』。





end.