翌朝、家を出る私は、夫に捨てられた惨めな女ではなくて、自分で立ち上がり、自分の足で歩き出す、前を向く女になっていたと思う。だから、切なさよりも清々しさを胸に、あの家を後にした。