愛は心の渇きを癒やせるのか

あらすじ

 海の近くの小さな町に、八百屋の店番をする男がいた。男は、家庭の崩壊と貧しさで、荒れた青春を過ごした。男と同じ町にある女がいた。女は幼い頃、親戚をたらい回にされ、愛に飢えた〝渇いた女〟になった。ある日、男の店に女が来ると、二人は引き合った。ところが、男も女も過去に苦しみ、破局が訪れる。悲しむ男が教会に行くと、神父が「彼女を信じて祈りなさい」とアドバイスする。男は懸命に彼女の幸せを祈り続ける。
 

目次

この作品のキーワード
純愛  真実の愛とは  恋愛  ヒューマン