静かな夜。

咲良と簡単な夜ご飯を食べた。

咲良と小さなお風呂に入った。

咲良と絵本を読んだ。

今まで咲良と私、2人で当たり前だったのに、不思議だけどすごく静かに感じる。

笹崎と会う前までは、咲良が大人になるまでこうやって2人で暮らすんだと思い込んでいた。

これ以上の幸せなんて贅沢だ。

隣で絵本を見てる咲良の顔を見て思う。

隣に咲良が居てくれれば、それでいいんだ。

そう思うのに、胸が押し潰されたように苦しい。

笹崎と会わない生活が当たり前だったのに。

「咲良、もう寝るよ。」

私はまだ少し早い時間なのに、電気を消した。
部屋が暗くなった途端、涙が溢れてくる。

咲良の前で絶対に涙は見せないと思ってたのに。

ボロボロ溢れてくる涙が目尻から垂れる。

笹崎に会いたい。
今日の水族館が最後だなんて思わなかったよ。

本当はずっと一緒にいたい。
一緒に住みたい。

笹崎が咲良の父親だったら、と思わない日がなかった。

笹崎と会うようになってから、会えない夜が寂しい。

眠りかけていた咲良が突然ハッと起きる。

「まーま?」
「大丈夫だよ、ママいるよ。」

そう言うと、咲良はギュウッと強く抱きついてきた。

大丈夫だよ、ちゃんといるよ。

小さな頭を撫でる。

笹崎は私と同じように咲良のことを大切にしてくれるかな。

私以上に咲良を愛してくれるかな。

自分と血の繋がりのない子をどこまで愛してくれるんだろう。

ずっと、ずっとそんなどうしようもないことを私は考えていた。

咲良がやっとスヤスヤと眠りにつく。

起こさないように注意しながらゆっくり上体を起こした。