横になりながら私を後ろから抱きしめてくれる笹崎。

「ねえ、実はね。」
「うん。」

すごく眠そう。
かわいい。

「イったの、今日が初めてだよ。」

笹崎が突然目を見開く。

「えっ!?」

みるみる耳まで真っ赤になる。
かわいい。

「すっごく気持ち良かった。」

私は笹崎の方を向いてギュッと抱きつく。
おっきくてあったかい。
笹崎が大きな手で私の頭を撫でてくれる。

親になってからずっと一人で踏ん張ってきたのに、簡単に心が緩んでしまった。

まだまだ私にも甘えられる存在がいた。
甘えさせてくれる人がいた。

また笹崎とキスをする。

どうしようもないくらいに好きになっている。

そして、寝ようと思ってたのに、また笹崎が上に被さってきた。

2回目。
甘い夜はなかなか終わらなかった。