時は奈良の時代の春

ある1人の妖と人間の少女がいた。
2人はいつか恋に落ちた。

妖の名は犬神
人間の少女の名は小冬

ある秋、犬神は小冬と会う約束をして自分の祀られている「星守神社」で待っていた。

だが、、小冬はいつまで待っても来なかった。
犬神は、何年も小冬が来るのを待っていた。

令和になった今も犬神は、、小冬が来るのを待っている。

あらすじ

時は奈良の時代の春

ある1人の妖と人間の少女がいた。
2人はいつか恋に落ちた。

妖の名は犬神
人間の少女の名は小冬

ある秋、犬神は小冬と会う約束をして自分の祀られている「星守神社」で待っていた。

だが、、小冬はいつまで待っても来なかった。
犬神は、何年も小冬が来るのを待っていた。

令和になった今も犬神は、、小冬が来るのを待っている。

この作品のキーワード
神社  運命  学生  少女  記憶    神様    過去  別れ