彼女とやりとりする、ささやかな贈り物。それがわたしの生きがいでした。

あらすじ

幼なじみの鏡子とわたしは、子どもの頃からささやかな贈り物をし合ってきた。
中身は完全にお任せ。
何が届くかわからない楽しみと、受け取った相手の顔を思うどきどき。

その中身は成長と共に変容し、それぞれのライフスタイルを反映したものになってゆく――。

無垢な少女から大人の女性に変わるとき、わたしたちは何を得て、何を失うのだろう。
ちょっぴりほろ苦い、女同士の友情を描きました。

この作品のキーワード
友達  親友  友情  初恋  贈り物  せつない  青春  短編  掌編  プレゼント