店から出た桃華は、衝撃の事実に周りを見ながら散歩する余裕などもちろんなく、ぼ~っとしたまま電車に乗り、気づけば自分のマンションまで帰って来ていた。

家に帰り楽しみにしていた念願のパンを前にしてもまだ夢の中にいるような…

まさか、豪邸のベーカリーショップに副社長がいるなんて。

確かに定時退社で土日はお休みの体制は、社長をはじめ役員も対象だ。

副社長が帰国してから、公に副業ができる様になった。

でも、まさか副社長自信が副業をしているとは誰が思うだろうか…
副社長はレジのアルバイトなのだろうか?全く理解が出来なかった。

この日食べたパンは最高に美味しかったが、心から味わうことが出来なかった。